避けるのではなく受け入れる|更年期障害は治療で軽減できます

病院

脳に腫瘍ができたら

病棟

病気の内容と症状

脳腫瘍という病気についてご存知でしょうか。脳腫瘍とは頭蓋骨の中にできる腫瘍のことであります。主に転移性腫瘍と腫瘍の2種類があります。転移性とは、体のどこか別の部位にできた腫瘍が脳に転移することであります。脳腫瘍には、悪性と良性の2種類があります。悪性の場合は主にがんであるので早期に取り除く必要があると考えられます。主な初期症状として悪性も良性もまず頭痛から始まります。それからめまいや嘔吐、目がぼやけるなどの症状がでています。それからひどくなると痙攣が起きたりします。このような症状がでたらすぐに病院に受診することが必要であります。では、何が原因でこのような脳腫瘍ができてしまうのかを説明したいと思います。

予防策と対策法

脳腫瘍の原因は遺伝子変異とされていてそれ以外は不明とされています。そのため原因を突き止めるのは非常に困難であります。ただ脳腫瘍の進行を早めることとして高たんぱくや高脂質の食事などが良くないと言われています。また、喫煙や飲酒なども進行を早めると言われています。ですので主に生活習慣を日頃から気を付けることが予防につながると考えられます。脳腫瘍になってしまった方の治療法については、まずMRIやCTなどの検査を行い腫瘍の位置や大きさなどを確認します。それから手術で腫瘍を取り除いていきます。手術以外の方法では放射線治療や薬物療法などがあります。ですが一番良い方法としては手術で摘出することが良いとされます。